ウルトラアタックNeo(ネオ)の口コミ、総合評価、オススメ度

ウルトラアタックNeo(ネオ)の製品情報、口コミ

画像:Amazon

特徴

花王製品カタログから抜粋

 

「濃縮酵素パワー」でエリ・ソデ汚れ、食べこぼしなどのガンコな汚れに、もみ洗いなし*1で濃く効く*2!
直塗りしやすい「スマートキャップ」採用で、気になる汚れ部分に集中的に塗れます。
洗浄時間たった5分でまっ白に洗い上げるから、洗たく時間の短いスピードコースでも標準コース同等の洗い上がり。(使用量は標準コースと同じです。)
抗菌効果もあります。部屋干しでもニオイが気になりません。
濃縮タイプ液体洗剤。
ドラム式洗たく機にも使えます。
●蛍光剤無配合
●すすぎ1回でもOK!節水にはためすすぎで
●爽やかなリフレッシュソープの香り
*1 直塗りの場合
*2 アタック 高浸透バイオジェル比

 

基本情報

液性

状態

すすぎ回数

価格帯※1

1回の値段※2

弱アルカリ性

液体

(すすぎ1回)

336円前後

(本体400g)

21円前後

※1価格帯の算出方法
メーカー小売り価格がある場合は”小売り価格”、オープン価格の商品は”定番価格のおおよその平均”なので、
時期や地域などで変動します。その点はご容赦ください。
(amazon、楽天24、通販の薬局、薬局実店舗などの価格を参考に平均を出しています。)

 

※2価格帯の算出方法
ドラム式で6kgの洗濯物量で計算

 

成分表示

界面活性剤[59%、高級アルコール系(陰イオン)、高級アルコール系(非イオン)、脂肪酸系(陰イオン)]、安定化剤(ブチルカルビトール)、アルカリ剤、香料、酵素

独自チャート

 

 

【洗浄力】3/5点

 

洗浄成分は陰イオン・非イオン・石けん系の界面活性剤、酵素、
陽イオンも配合されているので抗菌効果も推している。

 

メーカーの推しは濃縮酵素パワー。
酵素は繊維の奥に入りこんだ脂汚れやたんぱく質汚れを分解するしてくれる洗剤にはお決まりの助剤だが、
1万株以上の微生物の中から選ばれた新酵素を配合した濃縮酵素パワーで繊維の奥の汚れにアプローチするとの事。

 

メーカーの製品情報では【濃縮】【洗浄力が濃い】など”濃”というのがキーワードとなっている。

 

”エリ・袖・食べこぼし”など頑固な汚れには濃い原液を直塗りして洗濯機にポンと入れる事で揉み洗いなしでも白く洗いあがる。
直塗りしやすいように、キャップの角がに少しV時になっていてピンポイントに汚れに届きやすいような仕様。それほど直塗り推奨。

 

 

【香り】3/5点

 

爽やかなリフレッシュソープの香り
ソープというより柑橘やソーダなど食品系の口コミが目立つ。残り香りは2回濯ぎのわりには軽め。

 

【柔軟性、素材ケア】2/5点

 

柔軟性は陽イオンが配合されているという点では多少は柔らかく仕上がるのかもしれない。

 

蛍光剤無し、すすぎ1回、スピードコースOkなど素材をこねくり回さない点は素材に優しい。

 

【低刺激】0/5点

 

界面活性剤で陰イオンや非イオンだけでなく陽イオン系が配合されていたり、他の成分の種類も多いので敏感肌の人が使う洗剤には向かない。

 

【コスパ】4/5点

 

コスパは良い方
大容量詰め替えやセールも多く、すすぎ1回で水も節約、スピードコースで電気代節約できるのでお財布にうれしい。

 

気になる口コミ

洗浄力

  • 他の洗剤で取れなかった脇の汗染みがモミ洗いで落ちた。 
  • 汗や襟の汚れも落ちた。
  • 液体の中ではよく落ちる 

香り

  • 乾いたらそこまで強く香りは残らない。
  • 薬品のような香り

その他

  • スピードコースで大丈夫なので汚れがひどくないものは時短できて便利。
詳しい成分情報

・ポリオキシアルキレンアルキルエーテル硫酸エステル塩【界面活性剤】
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル【界面活性剤】
・水【工程剤】
・ブチルカルビトール【安定化剤】
・プロピレングリコール【安定化剤】
・脂肪酸塩【界面活性剤】
・ポリオキシアルキレンアルキルエーテル【界面活性剤】
・アルキルアンモニウム塩【界面活性剤】
・クエン酸塩【洗浄助剤】
・香料【香料】
・アクリル酸塩系共重合物【分散剤】
・酵素【酵素】
・着色剤【着色剤】

 

PR


TOP コンセプト プロフィール お問い合わせ