中性と弱アルカリ性

中性と弱アルカリ性の洗剤の違いは?

 洗濯洗剤の表示で液性というものがあります。
だいたい”弱アルカリ性”と”中性”の2択なのですが、その違いは何なのでしょう。

 

 

まず汚れの性質から

普段の汚れ(皮脂や泥汚れ)は”酸性”のものが多いので、反対の”アルカリ性”で洗う方が汚れが落ちやすい

 

なので弱アルカリ性洗剤のほうが頑固な汚れにも効き、洗浄力が高いとされています。
 
"じゃあ粉末の洗濯洗剤は基本的に弱アルカリ性だからよく落ちるのね!今度から粉末にしよう。"

 

 

と思いますよね。そうですね。それもいいと思います。
ただ洗浄力が高いとデメリットもあるのです。それは
 
衣服にダメージが出る
 

デリケートな衣類には向きません。繊維には優しくないんですね。 色落ちや風合いを気にするのであれば、中性がおすすめです。

 

とはいえ、最近主流の”液体中性洗剤”(ナノックスなど)は洗浄力がだいぶ上がってきています。
ひと昔は”中性洗剤はおしゃれ着洗い”というイメージだったのですが、
最近はすすぎ一回などのメリットも多い中性液体洗剤の人気が上がってきていると思います。
ドラム型の洗濯機は液体洗剤推しなのもあり、じわじわと液体洗剤に人気が集まってきました。

 

 

 

 

両方の特徴を簡単にまとめまるとこんな感じ↓

 

弱アルカリ性

中性

洗浄力が高い

 

素材にダメージがある(色落ちなどの心配がある)

 

粉末、液体、石鹸と種類があるので用途や好みによって使い分けられる

 

粉末洗剤は液体洗剤より安価なものが多い

 

 

洗浄力優先

洗浄力が弱アルカリ洗剤に比べると低い

 

素材へのダメージが少ない(色落ちなどの心配が少ない)

 

液体なので溶け残りがない

 

すすぎ1回OKの製品も多いので時短と節水ができる

 

 

優しく洗う優先

 

 

スペースに余裕があれば何種類か置いておいて洗濯物によって使い分けるのがおすすめです

 

 

PR


TOP プロフィール お問い合わせ