洗剤ドットコム

蛍光増白剤と漂白剤入りの洗剤の特徴。真っ白に洗い上げる洗剤はどれか。


洗剤を選ぶ時に”蛍光増白剤”と”漂白剤”が配合されているかは是非チェックしましょう!

 

白物の洋服(ワイシャツ、体操着など)は蛍光剤配合の洗剤がおすすめ!

蛍光増白剤(無けい光)とは

衣類を白く見せる染料。光の反射で白い服がより白く見える。

 

漂白剤の方が白くなりそうな響きですが、白物をより白く見せるには何といっても蛍光剤。
繊維の上に光り輝くような塗料をコーティングするイメージですね。
レフ版とか鏡のような役割です。光の反射で増白します。

 

新品の白いワイシャツなどはもともと蛍光剤が着いているものがほとんどです。
洗濯を重ねるにつれて徐々に蛍光剤が落ちていき、黄ばんだり黒ずんだりしてきます。
そんな時は蛍光剤配合の洗剤を使って白さを復活させましょう。

 

ワイシャツ、体操服、制服、白い靴下など純白の服が多い家庭は蛍光剤配合の洗剤がおすすめ!

 

逆に色物の洋服は蛍光剤配合だと色褪せてしまう原因になるので要注意

 

頑固な汚れが多い時は漂白剤配合の洗剤がおすすめ!

漂白剤

衣類のシミ汚れや黄ばみなどの、通常の洗剤では落としにくい色素や着色物質を無色にする。

 

食べこぼし、泥染み、汗染みなど普通の洗濯では落としきれない汚れが多い時は漂白剤。
蛍光剤と違い汚れを落として本来の状態にするのが漂白剤。
作業着や子供の汗が染みこんだ部活着など頑固な汚れが多いという家庭は漂白剤配合の洗剤がおすすめ
※洗浄力が強くなる分、素材へのダメージは上がるのでデリケートな衣類は要注意

こうして見てみると蛍光剤入りの洗剤にはもれなく漂白剤も配合されているパターンが多いですね。(P&Gは例外)
洗浄力に力を入れている商品に蛍光剤は配合されています。

 

P&Gの液体洗剤(アリエールやボールド)は蛍光剤入りでも漂白剤が配合されていませんが、
そもそもの謳い文句が”漂白剤なしでも強力洗浄”というキャッチコピーなので、あえて漂白剤を入れなくても洗浄力がありますよ。という製品です。

 

  • 衣類にダメージを与えたくない、
  • 肌への刺激が気になる
  • 赤ちゃんの洋服がある

こんな場合は、どちらも無配合のものが無難です。

 

PR


TOP プロフィール お問い合わせ