その他製品一覧

長年ドラム式で洗濯してきて感じた疑問。洗浄力以外のデメリットは何か。

我が家はドラム式を使用しています。7年前くらいに購入した日立のビッグドラムです。
大昔の型だしこの洗濯機の批評をする気は全くありません。そんな口コミ役にたちません。
ただ7年間ドラムの洗濯機を使ってきた主婦としてあまり表沙汰になっていないドラム式洗濯機のデメリットを聞いてください。

 

まず購入に至ったいきさつから。

新婚の頃、うっすらと縦型の方が洗浄力が強いという噂を聞いていたので私は縦型を買う気マンマンで家電屋さんに行ったのですが、
主人の一声

 

「絶対ドラムでしょ、乾燥機はマストだし!」

 

まだ家事に真剣に取り組んでない新妻&旦那様の言う事は一番正しい?と信じきっていた当時の私は、二つ返事でドラム式にしてしまいました。

 

これが後悔の始まり。

 

まず、旦那さんは家事をしません。なのに何故ドラム式にしたいと言ったのか。理由は

 

見た目オンリー

 

男は近未来的な機械に弱いです。洗浄力等どうでもよく、見た目かっこいい。それだけで選ぶんですよ。
もちろん購入当時の私の無知も問題なんですがね。
いろいろ見えていない事が多すぎました。

 

家電は主に使用する人がじっくり選ぶ。これに限りますわ。

 

そして洗濯機を購入してから終の棲家が決まる。

 

乾燥機を重視してドラムを購入しましたが、引っ越し先は浴室乾燥が付いていました。
そして洗濯機スペースがあまり広くなく、残り湯洗濯のポンプが取り付ける事ができなくなりました。
洗濯機選びは基本的に色々間違えたと後悔しております。

 

我が家のいきさつはこのくらいにしておいて、実際どちらが人気なのでしょうか?

 

実は最近のドラム式洗濯機、洗浄力はあります。
ドラム式と縦型の違いは他のサイトで飽きるほど記事になっているので、そちらが参考になるかと思います。

ジョーシンさんの汚れ落ちをとことん比べてる実験は見た目にも分かり易くて面白かったです↓
特集: 洗濯機頂上対決 - Joshin
パナソニックの選び方ガイドも性能比較があります↓
洗濯機の賢い選び方TOP

 

どちらのサイトもドラム型は超優秀です。
洗浄力も縦型に引けを取らず、むしろ皮脂は縦型より落ちるらしいですよ。
洗浄力、乾燥力、水量、どれをとってもドラムはよくできる子なんですよ。

 

それでも私は次はやっぱり縦型にしたいんです。
 
何故ここまで比較実験でドラムの優性が出ているにも関わらず縦型にしたいのか、
それは自分がドラム式洗濯機を長期使用していて、デメリットを感じる部分が多いからです。

 

なかなかスポットが当てられないドラム式洗濯機の好きになれない点が4つあります。
それを聞いてください。

 

ドラムの嫌なところ1

 

常に蓋が閉まった状態になる。
 

 

ドラム式は蓋を開けておくと邪魔です。
ガチャンとロックまでしないにせよ、蓋は基本的に閉じています。

 

蓋が常に閉じている、そうするとどのような事が起きるかというと・・・

 

くっさい。

 

湿気が籠るのでカビや臭いが溜まりやすくなります。

 

乾燥機を毎日使用する家庭は常に洗濯槽が乾燥していて問題ないのでしょうが、
我が家は乾燥機を基本的に使用しません。
雨の日のみです。

 

乾燥をかけずに蓋が閉まった状態だと、常に洗濯槽が湿った状態で、臭くなります。
その状態で脱いだ洗濯物達を放置したりすると大変なことに・・・・・

 

旦那の靴下を一晩洗濯槽に放置された日にゃ、
翌朝蓋をあけたとたん酸っぱい匂いが飛び込んできます。殺意。

 

身体を拭いた後の湿ったタオルも最悪。すごい雑菌臭。

 

これね、注意するんですよ。洗濯槽に湿ったものは入れてくれるなって。
でも男の人ってホントすぐに忘れるの。マジ迷惑。

 

 

もちろん最近のドラム式には槽自動洗浄機能も付いています。
ただ電力の観点からいくと、どうなんでしょうかね?

 

縦型だと蓋を開けっ放しにできるのが魅力の一つだと思っています。
説明書には常に閉じてくださいとあるみたいですが、そこは臨機応変に。
私はとにかく洗濯槽を乾燥させたいので、洗濯機の蓋は閉めたくない!

 

今は応急措置として、玄関のドアストッパーをドラム型洗濯機のドアに挟むようにしています。

 

ドラム式の嫌な所2

 

節水できるのはいいが、その分すすぎがちゃんとできているのか不安。

 

 
ドラム式で洗浄の時に水が少なくてOKなのは納得できるんです。洗剤濃度が濃くなるから洗浄力が上がる。
だからドラム式は洗剤量が少なくてすみますよね。素敵。

 

でもすすぎは?少ない水でちゃんとすすぎきれる??

 

気分の問題でもあるんですが、洗剤で汚れを落としたら”汚れた水&洗剤”はたくさんの水で洗い流したいんです。
最近の洗剤は泡切れがよく、水に分解されやすいように改良されていて、少ない水でも問題なくすすげるのかもしれませんが、
残留洗剤って気になります。

 

 

汚れ落ちを比較しているサイトはよく見かけますが、残留洗剤の実験データは少ないです。
国民生活センターにも残留洗剤の質問がありました↓はっきりした結論は出ていません。
洗濯後の衣類に洗剤が残るドラム式乾燥洗濯機

 

 

そもそも残留洗剤が気になりだしたきっかけは”すすぎ1回OK”の洗剤は残り香がキツイと感じるようになったからです。

 

すすぎ2回の洗剤に比べて、1回すすぎは香料がすごい残るんですよね。
柔軟剤も打ち消すほど。

 

試しに”すすぎ1回OK”の洗剤を2回すすいでみたらだいぶ香りは薄まります。
香料は残る様にあえて計算されているのでしょうが、
すすぎ1回と2回の水量の差はやはり埋められない程の差がでると感じます。
残留洗剤、汚れ、香料は水が多いほど落とせる、と体感上の判断です・・・

 

私自身は肌が強く、洗剤で肌が荒れる事が無いのですが、
子供が出来てからは合成界面活性剤の残留が気になりだしました。
特に今は乳飲み子がいます。小さいうちは洗剤もすすぎもある程度はこだわりたいと思っています。
敏感肌の方ががすすぎ1回の洗剤を使うなんて事はあまり聞きませんよね。

 

肌に優しい成分の洗剤を選ぶ事もも大切ですが、まず水でしっかりすすぐ。これも大切な事だと思うのです。

 

すすぎ1回の商品が流行る中、私はすすぎは3回やりたいくらい。
節水が売りのドラム式で、すすぎ回数を増やしたら水も電力も多くかかるわけで・・・

 

だから水量が多い&水量を調節できる縦型洗濯機は魅力あります。

 

 

ドラムが嫌いな理由3

 

ドラム式では大型の洗濯物は脱水出来ない時が多々ある。
 

 

これはうちのが古いタイプの洗濯機ものだという事もあるかもしれませんがね。

 

シーツ、敷きパッド、布団、カーテン、絨毯、・・・
最近は自宅で洗濯できますという謳い文句の商品が増えています。

 

これらの重量のあるものをドラム式ので脱水しようとすると・・・

 

エラー。バランスが悪く洗濯物が偏ってしまい、うまく回転できなくなるんです。
何回やってもひたすらエラー。
説明書にも重い物は故障の原因になるから止めてくれと注意書きがありますよね。

 

コインランドリーにある、馬力が強いドラム式洗濯機はいとも簡単に布団をも脱水&乾燥してくれるのですが、
家庭用ドラム洗濯機の馬力では太刀打ちできないものが結構あるんです。

 

大型の洗濯物はしょっちゅう出る訳ではありませんが、
子供がおねしょしちゃった日は全部洗いたいのですよね。トイレトレーニングの時期はコンランドリーの常連になっていました。

 

脱水のバランスのよさは縦型に軍配が上がると思います。

 

ただし掛け布団や毛布を洗濯した場合、乾燥機で乾かしたい、、、、、
そうなると大型容量のドラム式洗濯機が魅力的に感じるのも事実ですが。

 

ドラム式の嫌な所4

ドアの溝に小さい洗濯物が取り残されてすすぎできていない時が多々ある。

 

 

 

地味にイラっとくる瞬間。

 

それは図の場所に小さい洗濯物(靴下、ハンカチ等)がはまり込んで脱水できていない時が多々ある。

 

全部脱水できていないのではなくて、その挟まった単品が脱水できていないという事です。
洗濯機の種類、型番で差があるとは思うのですが、よくあります。
1つくらい手で絞ればいいのですが、無駄な手間。
回避するには小さい洗濯物は洗濯ネットに入れておく方が無難です。これまた無駄な手間。

 

まあうちのはタイプは古い型番だし、新しい機種は改善されてるのかしら・・・

 

 

この4点の理由で私はドラム型洗濯機を買い替えたくてしょうがないんです。
最近は日立とパナソニックの2強ですね。

 

買い替えの夢を膨らませながら洗濯機のパンフレットを眺めていると、最近のドラム式は本当に優秀なのも事実。

 

温水洗濯とかやってみたくてしょうがない。効果あるに決まってるもん。
縦型洗濯機を温水で洗濯しようと思うと、水量が多い分温める電力がアップしそうです。
水量が少なくていいドラムならではのおすすめ機能ですよね。

 

ただ最新家電、便利だけどいらない機能もありますよ。
スマホで外出先から操作とかいらないよ。
そういうの全部排除してお値段優しくしてほしいんだけどな。

 

ともあれ大型家電選びの選択を間違えると、本当長い事苦労する事になります。
洗濯機は慎重に選びたいものですね!

 

 

 

 

 

 


PR


TOP コンセプト プロフィール お問い合わせ