ハレタの口コミ、総合評価、オススメ度

トップ ハレタの製品情報、口コミ

画像:Amazon

特徴

LION製品詳細から抜粋

 

「汚れ・ニオイをスカッと落とす カラッと乾いてふっくら」

 

@カラッと乾いてふっくら仕上がり、いつでも「晴れ干し触感」

 

「カラふわ成分」が、センイを根元からふっくら立ち上げます。外干しはもちろん、雨や寒い日の部屋干しでも、風通しのよい太陽の下で干したようなカラッとした触感になり、心地よいハリと弾力が出ます。タオルをお洗濯すると、パイル(毛房)が立ち上がり、ふっくら厚みが出るのを実感できます。

 

 

A柔軟仕上げ剤との併用で、さらに、ふっくら仕上がる。すっと水分を吸収して、気持ちいい

 

『トップ ハレタ』に配合している「カラふわ成分」は、柔軟仕上げ剤を使うことによって、相乗効果を発揮します
また、「カラふわ成分」により立ち上がったパイルが、さっと水分を吸収するため、タオルを気持ちよく使用することができます。

 

B洗濯機から洗濯物が取り出しやすくなる

 

洗濯機から洗濯物を取り出す時、洗濯物同士が絡みにくく、広げやすくなります。

 

Cセンイをほぐして、汚れ・ニオイをすっきり落とす

 

D晴れた日の心地よさが続く、サニーフローラルの香り

 

Eすすぎ1回に対応

 

 

基本情報

液性

状態

すすぎ回数

価格帯※1

1回の値段※2

中性

液体

(すすぎ1回)

300円前後

(本体425g)

25円前後

※1価格帯の算出方法
メーカー小売り価格がある場合は”小売り価格”、オープン価格の商品は”定番価格のおおよその平均”なので、
時期や地域などで変動します。その点はご容赦ください。
(amazon、楽天24、通販の薬局、薬局実店舗などの価格を参考に平均を出しています。)

 

※2価格帯の算出方法
ドラム式で6kgの洗濯物量で計算

 

成分表示

界面活性剤(42% 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステル、脂肪酸塩)、安定化剤、pH調整剤、増粘剤

 

独自チャート

 

【洗浄力】

 

とにかくカラっとふわっと仕上がるという感触を推している製品。珍しい。

 

洗浄成分は非イオン・陰イオン・石鹸系の界面活性剤。
酵素も無配合なので頑固な汚れ向きの洗剤ではなく風合い重視の洗剤。

 

とはいえ界面活性剤の種類はナノックスと似ている構成で汚れ落ちもそこそこ期待できる。

 

何より不思議なのは陽イオン系が配合されていないのにフワフワ仕上げ。
成分名は記載されていないが”柔軟化剤”が配合されているのでそれが陽イオンなのかもしれないが謎。
他の洗剤と違うといえば”安定化剤”が多く配合されており、それがフワフワにする要因なのか・・・

 

謎が多いけど本当に柔らかく仕上がる。洗濯機からするりと取り出せて、衣服が柔らかい。

 

柔軟剤を併用する事でさらにフワフワになるそうだが、ハレタだけでも一般の柔軟剤効果はあり。

 

 

【風合い】

 

中性、蛍光剤無し、すすぎ1回等柔軟性や素材ケアに繋がる要素がたくさん。

 

【低刺激性・排水配慮】

 

香料も着色料もしっかり配合されているので敏感肌の人が使う洗剤には向かない。

 

【香り】

 

サニーフローラルの香り
甘い系、そこそこ香りが残るのでこの甘さが賛否両論。

 

【コスパ】

 

コスパは普通。すすぎ1回で水道代と電気代が節約でき、柔軟剤を省ける点が節約ポイント。

 

詳しい成分情報

・水【バランス剤】
・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸【界面活性剤】
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル【界面活性剤】
・ポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステル【界面活性剤】
・安定化剤【安定化剤】
・脂肪酸塩【界面活性剤】
・アルカノールアミン【pH調整剤】
・ポリエチレングリコール【安定化剤】
・エチルアルコール【安定化剤】
・増粘剤【増粘剤】
・香料【香料】
・クエン酸【安定化剤】
・安定化剤【安定化剤】
・柔軟化剤【柔軟化剤】
・消泡剤【消泡剤】
・再汚染防止剤【再汚染防止剤】
・防腐剤【防腐剤】
・BHT【酸化防止剤】
・着色剤【着色剤】

 

PR


TOP コンセプト プロフィール お問い合わせ