トップ HYGIA(ハイジア)の口コミ、総合評価、オススメ度

トップ HYGIA(ハイジア)の製品情報、口コミ

画像:Amazon

特徴

LION製品詳細から抜粋

 

●新開発 プレミアム抗菌処方で、HYGIAの抗菌効果がさらに進化!

 

 1.今まで抑えられなかった菌※(グラム陰性菌)にも高い抗菌力を発揮。

 

 2.洗うたび高まる抗菌力がさらにパワーアップ。

 

 3.綿はもちろん、化学繊維の衣類にも高い抗菌力を発揮。

 

 ※当社従来品において

 

●ニオイの元となる菌のエサまでしっかり落とす。 〜洗浄成分増量〜

 

●菌の増殖を抑え、あきらめていたニオイにも優れた防臭効果を発揮。

 

●洗たく槽も菌・カビからしっかり守る。 〜多糖分解酵素配合〜

 

基本情報

液性

状態

すすぎ回数

価格帯※1

1回の値段※2

中性

液体

(すすぎ1回)

354円前後

(本体450g)

20円前後

※1価格帯の算出方法
メーカー小売り価格がある場合は”小売り価格”、オープン価格の商品は”定番価格のおおよその平均”なので、
時期や地域などで変動します。その点はご容赦ください。
(amazon、楽天24、通販の薬局、薬局実店舗などの価格を参考に平均を出しています。)

 

※2価格帯の算出方法
ドラム式で6kgの洗濯物量で計算

 

成分表示

界面活性剤(52%ポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステル、アルキルエーテル硫酸エステル塩、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル)、安定化剤、pH調整剤、酵素

 

独自チャート

 

【洗浄力】2.5/5点

 

LIONの濃縮洗剤2代巨頭といえばナノックスとハイジアになると思うのだが、
この2つの成分は似ていて、特に界面活性剤は同じ成分が配合されている(記載順やパーセンテージは変わるので配合量は違う)

 

成分が似ているのに洗浄力はナノックスよりハイジアが0.5ポイント上。
その理由はハイジアは抗菌系の助剤が配合されていて加点されたから。

 

部屋干しや生乾きのニオイの防臭、洗濯槽の菌の増殖を抑えるなど、
とにかく菌に特化しているのがハイジア。
プレミアム抗菌と銘打って多くの菌に効くよとアピール。

 

ただし”抗菌”は”除菌”と違って菌を殺せるわけではないので、
確かな洗浄力でしっかり菌を減らしてからの抗菌パワーで菌の増殖を防ぐという仕組み

 

部屋干し中心の家庭には菌特化の商品は嬉しいかぎり。

 

 

【香り】3/5点

 

すっきり爽やかなミンティーハーブの香り
軽めに残るという点で評判がよい。

 

【柔軟性、素材ケア】3/5点

 

中性、蛍光剤無し、すすぎ1回という点が素材に優しい。
柔軟性はあまりない。

 

【低刺激】0/5点

 

界面活性剤や他の成分の配合量も多く、香料も着色料もごりごりに入っているので敏感肌の人が使う洗剤には向かない。

 

【コスパ】5/5点

 

抜群にコスパは良い。
大容量詰め替えやセールも多く、すすぎ1回で水も節約できるのでお財布にうれしい。

 

気になる口コミ

洗浄力

  • 平凡
  • 軽い汚れは問題なく落ちるが粉末洗剤よりはやはり劣る
  •  ナノックスの方が落ちる
  • 汗や靴下が匂わなくなった。

香り

  • 香りが強い。柔軟剤の匂いも打ち消す。
  • ミント系の香りで好みが別れる
  • タオルが匂わなくなった

 

その他

  • 使い続けていたらアンモニア臭がするようになった
  • タオルの吸水性が悪くなった。

 

 

詳しい成分情報

・水【バランス剤】
・ポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステル【界面活性剤】
・アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム【界面活性剤】
・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸【界面活性剤】
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル【界面活性剤】
・安定化剤【安定化剤】
・脂肪酸塩【界面活性剤】
・エチルアルコール【安定化剤】
・アルカノールアミン【pH調整剤】
・安定化剤【安定化剤】
・安定化剤【安定化剤】
・香料【香料】
・酵素【酵素】
・p−トルエンスルホン酸【安定化剤】
・クエン酸【安定化剤】
・塩化カルシウム【安定化剤】
・抗菌剤【抗菌剤】
・BHT【酸化防止剤】
・水軟化剤【水軟化剤】
・防腐剤【防腐剤】
・水酸化ナトリウム【pH調整剤】
・塩酸【pH調整剤】
・着色剤【着色剤】

 

PR


TOP コンセプト プロフィール お問い合わせ