アリエール リビングドライ イオンパワージェル

アリエール リビングドライ イオンパワージェルの製品情報、口コミ

画像:Amazon

 

特徴

P&G製品カタログから抜粋

 

●部屋干し用イオンパワージェルで徹底抗菌、部屋干し臭ゼロへ。
洗濯槽の防カビ、生乾き菌も防いで、しつこい部屋干し臭も徹底消臭。
ファブリーズ、レノアと共同開発。無臭化成分配合。

 

●アリエールイオンパワージェルは、漂白剤なしで一発洗浄!

 

独自のイオンバランスで配合された3種類の界面活性剤が、頑固な汚れやニオイに効果的にアプローチ。漂白剤なしで一発洗浄!

 

●アリエールで3ステップ抗菌

 

洗濯槽の防カビ!
部屋干し中の抗菌!
着用中まで抗菌防臭!

 

●漂白剤なしでも一発洗浄

 

アリエールは、繊維の奥に根付いた菌※6まで徹底抗菌※1。
ニオイの元をしっかり抑え、ニオイ戻りを防ぎます。

 

基本情報

液性

状態

すすぎ回数

価格帯※1

1回の値段※2

弱アルカリ性

液体

(すすぎ1回)

330円前後

(本体910g)

24円前後

※1価格帯の算出方法
メーカー小売り価格がある場合は”小売り価格”、オープン価格の商品は”定番価格のおおよその平均”なので、
時期や地域などで変動します。その点はご容赦ください。
(amazon、楽天24、通販の薬局、薬局実店舗などの価格を参考に平均を出しています。)

 

※2価格帯の算出方法
ドラム式で6kgの洗濯物量で計算

 

成分表示

界面活性剤 (27%:直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、純せっけん分(脂肪酸塩))、安定化剤、アルカリ剤、水軟化剤、分散剤、酵素、蛍光増白剤

 

 

独自チャート

 

【洗浄力】3/5点

 

基本は青のアリーエルイオンパワージェルサイエンスプラスとほぼ一緒。

 

界面活性剤の配合に自信がある製品で、漂白剤無配合でも汚れ落ちは抜群

 

こちらは部屋干し想定で、ファブリーズ・レノアと共同開発の無臭化成分配合されている
ただ表面上の成分は青のサイエンスプラスも緑のリビングドライも全く一緒で何が違うのか疑問に思う所だが、
名を伏せている成分(例えばざっくり”抗菌剤”とだけ表記されている成分の詳細は企業秘密で公開されていない)
で差があるのかと推測。

 

とはいえ青のサイエンスプラスも抗菌を推している製品なので、香り以外でこの2つの製品の明確な差を感じるのは難しそう。

 

同ラインで3Dジェルボールがあるが、成分の多さをみるとこちらの液体(ジェル)タイプのほうが洗浄力は上かと推測。
液性も3Dジェルボールは中性なのに対し液体(ジェル)は弱アルカリ性。

 

 

蛍光剤はアリエール製品は全品配合されている。

 

【香り】3/5点

 

サンシャインフレッシュの香り
青のサイエンスプラスの比べると、香りの評判はこちらの製品のほうがすこぶる良い。
部屋干し想定で香りが抑えられている。

 

【柔軟性、素材ケア】1/5点

 

すすぎ1回なので加点。

 

【低刺激】0/5点

 

アリエールは低刺激とは程遠い

 

【コスパ】4/5点

 

コスパは普通。

気になる口コミ

洗浄力

  • 洗浄力に不満無し。
  • 臭いがしっかり抑えられるので抗菌効果を感じる。
  • 部屋干しの生乾き臭にはよく効いている

 
香り

  • 青色のジェル(イオンパワージェル)より香りが抑えられている
  • 青色より甘めの香り

その他

  • キャップが柔らかくて使いにくい
  • 液だれしにくくなった
  • 大改良(2017年11月頃)とあるが、そこまで差は感じない。
詳しい成分情報

・水【工程剤】
・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩【界面活性剤】
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル【界面活性剤】
・クメンスルホン酸ナトリウム【安定化剤】
・純せっけん分(脂肪酸塩)【界面活性剤】
・エチルアルコール【安定化剤】
・水酸化ナトリウム【アルカリ剤】
・アルキルエーテル硫酸エステル塩【界面活性剤】
・アルコキシル化ポリエチレンイミン【分散剤】
・ホウ酸塩【安定化剤】
・ポリエチレンイミン【洗浄助剤】
・クエン酸【水軟化剤】
・アルキルアミンオキシド【両性界面活性剤】
・プロピレングリコール【安定化剤】
・香料【香料】
・DTPA塩【金属封鎖剤】
・エタノールアミン【pH調整剤】
・水添ヒマシ油【安定化剤】
・抗菌剤【抗菌剤】
・塩化カルシウム【安定化剤】
・蛍光増白剤【蛍光増白剤】
・酵素【酵素】
・シリコーン【泡調整剤】
・着色剤【着色剤】

PR


TOP コンセプト プロフィール お問い合わせ